滅菌について

患者様に安心して歯科治療を受けていただけるよう、土田歯科医院では院内の衛生管理にも力を入れています。歯科治療と同様にきちんと行う為には、設備はもちろん医院スタッフの考え方、コンセプト、倫理観が重要だと考えております。また患者様の安全を確保するとともに、医療従事者への感染のリスクにも配慮する事も大切だと考えております。

治療で使用された器具はジェットウォッシャーにて洗浄をします。こちらは家庭用で使用する食器洗浄機のようなもので医療用につくられております。手洗いでは届きにくかった器具の細部までしっかり洗浄する事ができ、患者さんはもちろん医療従事者側の安全も確保する事を目的としています。

洗浄された器具は滅菌を行い、その後保管する為に専用のバックに入れ密封します。現在歯科ではオートクレーブ (高圧蒸気滅菌器) が主流として使用されておりますが、当院で導入しているLisaはクラスB滅菌器と呼ばれ、日本で主流の歯科用オートクレーブと異なり、最も厳しく感染予防の先進国である欧州の基準をクリアした高度な滅菌を行う事が出来る機器です。

また、正しく滅菌が出来ているか確認する為、医科でも使用されてしる化学的インジケ一夕一を用してモニタリングを行っております。

その後、各部屋の扉付きの収納にて保管致します。滅菌出来ないものに関しては極力ディスポーザブル (使い捨て) のものを使用しております。

全てのハンドピースは患者様ごとに滅菌をしております