クラウン・ブリッジ

 クラウン・ブリッジとはご自身の歯に被せる冠や失ってしまった部分を橋渡しして補う方法の事を言います。歯質と異なる金属やセラミックスで冠をピッタリと作製し、咬み合わせをしっかりつくります。ピッタリしていないものと比較すると二次感染が起こりにくいのは明確です。正確な印象(型取り)を行うためには準備、環境づくりも大切です。

 保険外診療のものでは、最良と考えられる方法で妥協なく印象を行います。また技工士との綿密な連携なしには成り立ちません。トレーニングを受けた当院の歯科技工士が細心の注意を払いながら16〜40倍の顕微鏡下でフィットさせたクラウンの適合は、二次感染のリスクを小さくすることが可能です。