歯周病治療

 歯を失う二大原因は虫歯と歯周病です。歯周病の最大の原因は細菌です。それをまずコントロールすることから歯周病治療は始まります。

 進行具合によっては非外科的なアプローチにより、歯の表面に付着した歯石の除去を徹底的に行い、歯根表面を滑沢にします。重度の歯周病や非外科治療での改善が認められない場合は再評価後、外科処置を行う場合もあります。

 また失われた骨の再生療法(エムドゲイン法、GTR法)や深い虫歯より歯を保存する根尖側移動術、下がってしまった歯肉を再生させるFGGやCTGなど、口腔環境を改善するより確実な歯周治療も行っております。しかしながら歯周病治療終了後も再び清掃不良になれば再感染を起こし、不幸な結果を招く可能性があります。そうならないためにも、引き続きメインテナンスが必要なのです。当院では担当歯科衛生士が患者様のお口の環境の改善・維持に努めております。