1. 補綴物が出来るまで
  2. PFM(メタルボンド)が出来るまで

PFM(メタルボンド)が出来るまで

  1. Step1.プロビジョナルレストレーション

    プロビジョナルレストレーション

    一般診療の場合、すぐに最終補綴物を制作するのではなく、口腔内にプロビジョナルレストレーション(プラスチック製の冠)を装着します。
    形態、清掃性、咬み合わせ等を診査し、問題無ければ最終補綴物の制作に移ります。

  2. Step2.模型作成

    超硬質石膏を流し込む

    咬合器装着

    精密な印象材により型どりされた後、(写真左)「石膏」という材料を流し込んで模型を作ります。一般診療の模型を製作する場合、「超硬石膏」といわれる硬度が高く再現性の高い材料を使用します。
    一般診療の場合は、全て「マルチプルダイ」方式で制作しておりますので、副模型として、あと2つ同じ模型を製作します。この作業は、精密な適合や形態、咬み合わせを再現するためには欠かせません。その後、「半調節性咬合器」に装着します。(写真中央)
    インプラントの場合、Gum(歯肉)模型といわれる物も作ります。これは、模型をお口の中の状態に出来るだけ近づけ、同時に歯肉との移行を見て歯の形を理想的に仕上げるためです。

  3. Step3.蝋型作成

    ワックスアップ

    次に、STEP1で作成した模型上に、歯科用ワックスで、歯の形を再現します。この時、咬み合わせや食物の流れなどを考慮しながら製作します。完成の形を決める重要なポイントです。

  4. Step4.陶材築盛部分の確保(カットバック)

    カットバック スペース確認

    カットバック 舌側

    歯科用ワックスでかたどった物を、一度削ります。これは、陶材(セラミック)のスペースを確保するためです。

  5. Step5.埋没・鋳造・メタル調整

    鋳造後

    鋳造体

    メタル調整

    出来上がった鋳物の表面を滑らかにします。

  6. Step6.陶材築盛

    陶材築盛スペース

    陶材築盛

    使用陶材

    材料の粉を、精製水で練り合わせ歯の形を再現します。ここで様々な色の陶材を使用し、歯の色と調和させます。
    その後、専用真空電気炉で焼成します。この作業には高い技術が必要でそのため当院では「大阪セラミックトレーニングセンター」というセラミック専門コース出身者が制作にあたります。

  7. Step7.形態修正・艶焼き・完成

    完成

    舌側

    透明感

    焼き上がった陶材の形を整えます。
    その後、艶焼き(グレージング)を行います。艶焼きにより表面が滑らかになり、汚れが付着しにくくなります。
    セラミックの歯は独特の透明感があり、限りなく天然の歯に近づける事が可能です。また、変色もほとんどありません。