1. 補綴物が出来るまで
  2. 部分床義歯が出来るまで

金属床義歯が出来るまで

  1. Step1.模型作成

    個人トレーとシリコン印象

    超硬質石膏の模型

    咬合器付着

    型どりした枠に石膏を流し込んで、模型を作ります。(写真左、中)
    お口の中を正確に再現するため「咬合器」という器械に装着します。(写真右)

  2. Step2.金属床の設計

    補綴構造設計士による設計

    歯科医師とコミュニケーションをとりながら基本設計をもとに、適切な強度・維持が付与できるように、数値化して構造設計図を製作します。

  3. Step3.副模型の製作

    複模型の精密シリコン印象

    精度の高いメタルフレームの製作に必要な複模型を製作します。

  4. Step4.蝋型形成(ワックスアップ)

    上顎ワックス形成

    下顎ワックス形成

    既製ワックスパターン

    舌感、装着感、維持力、強度、発語、咀嚼など、を考慮した設計を基に、様々なワックスパターンを組み合わせて構築します。真ん中に金属の湯道になるスプルーを付与します。

  5. Step5.埋没・鋳造

    金属床埋没

    リングファーネス 約1000℃

    前の工程で完成した蝋型に金属の通り道をつけ、不純物や気泡などが混入しないように埋没材で埋没します。
    埋没したものを凝固するまで待ち、室温から1000℃以上までゆっくり加熱して歯科用ワックスを焼却し、できた鋳型に金属を流し込みます。

  6. Step6.研磨(メタル研磨)

    サンドブラスト処理

    鋳造後のメタル

    メタル研磨後

    次に、鋳型から取り出したものにサンドブラスト処理をほどこし、鋳型の残留物を取り除きます。
    そして、粗研磨・電解研磨・中研磨・仕上げ研磨という順で金属を仕上げます。

  7. Step7.咬合採得・メタル試摘

    咬合床・メタル試適

    出来上がった金属に、仮の義歯床を付け、お口の中での金属の適合状態を確認すると共に、咬み合わせの記録を取ります。

  8. Step8.咬合器再装着・人工歯排列

    人工歯を並べる

    人工歯の種類

    完成制度を高めるため、もう一度咬み合わせの状態を再現します。
    ここでは、審美性、機能性を考慮しながら排列します。

  9. Step9.重合

    重合準備

    この行程で、義歯床を、歯科用ワックスからレジンに置き換えます。
    重合の方法はイボカップシステムやBEGO社のシステムなど症例毎に最適な方法にて重合します。

  10. Step10.割り出し・咬合調整

    割り出し後

    割り出し後再マウント

    重合が終わったものを丁寧に割り出します。そして、再度咬合器に装着し咬み合わせを微調整します。

  11. Step11.義歯研磨

    完成義歯 上顎

    完成義歯 下顎

    模型から割り出して粗・中・仕上げ研磨の順で仕上げます。